研究委員会のページ

研究委員会の活動内容

    教育問題研究委員会
   教育問題研究委員会は、「いじめ、不登校、暴力問題、体罰など子どもの学校生活、
  あるいは人権に関わるさまざまな緊急課題に対する調査・研究を行い、子どもをとりまく
  環境に対して提言を行う。」ことを基本的に据え、調査・研究を進めています。
  共同研究者に荒牧重人先生(山梨学院大学)と学校現場の先生を共同研究者に迎え、
  「子どもの人権」に関わることを中心に研究しています。今年度は、98〜99年に実施した
  「子どもの権利条約」アンケート結果(教職員対象・子ども対象)を活用しながら、「子どもの
  権利条約」を学校現場において生かすための研究を中心に進めています。
 
      「子供の権利条約」アンケート全県集約結果と考察
      「子供の権利条約アンケート」結果から考えたいこと
      「子どもの権利条約アンケート」(子ども対象)結果報告  
  
    教育課程研究委員会
    教育課程研究委員会は、「学校週5日制に向けて各領域の教育課程を検討し、真にゆとり
   ある、子どもの能力の全面発達をめざす。将来、山梨県でのカリキュラムセンターづくりに向け
   て中心的な役割をはたす。」ことを基本に起き、調査・研究を進めています。
    今年度は、「研究委員会報告第1集」(2000.3発行)をもとにして、新教育課程の学習内容
   及び総合学習(総合的な学習の時間)についての学習を深めるとともに、学校現場への情報発信、
   及び理論を実践につなぐ研究に取り組んでいます。
   澤本和子先生(日本女子大)および学校現場より2名の先生を共同研究者にお迎えし、理論的
   支柱となっていただいております。

      「新しいカリキュラムを創る」(教育課程研究委員会報告第1集)
    学校制度改革研究委員会
    中等教育のあるべき姿を探っていくことを主眼におきながら、高校入学者選抜制度のあり方、
   「地域合同総合制高校」の具体的なシュミレーションをえがくことに取り組んでいます。さらに、
   中高一貫教育についても検討を進めています。
    共同研究者には、橋本健二先生(静岡大学)および、高校現場と中学校現場の先生1名ずつ
   をお願いしています。
   昨年12月の「中間プラン」に続き、それを含めた形で「最終プラン」を発表しました。
  
     「豊かな学び」と「進路選択」を保障する山梨の高校改革プラン(最終報告)


研究所紹介所報「創る」
研究内容事業内容リンク集 | HOME