校内研究会をひらき 共に学びません

 

研究支援プロジェクトの一つとして、大学研究者が、校内研究会へ参加します。
ざっくばらんにみんなで学び合う機会としてご参加下さい。

A 6月17日(月)午後2時40分授業開始 
    「総合的な学習の時間授業観察+研究会」
          協力校   大石小学校
           共同研究者 無藤  隆さん(お茶の水女子大学)

大石小学校の「総合的な学習の時間」を参観します。この会には、お茶の水女子大学の無藤 隆さんにも参加していただきます。無藤さんは現在、お茶の水女子大学附属小学校の校長も兼務され、毎週、附属校の校内研究会へ参加します。また、教育課程審議会の委員も務められ、「総合的な学習の時間」や「クラブ活動」を中心に関わってこられました。今回、授業研究会はもちろんですが、せっかくの機会ですのでざっくばらんに話し合ってみませんか。  

B 6月19日(水) 午後2時授業開始 「国語科授業観察+研究会」
          協力校   増穂小学校
          共同研究者 澤本 和子さん(日本女子大学)

 増穂小学校での国語科の授業を参観し、事後、授業研究会を行います。共同研究者の澤本和子さんは、教育研究所カリキュラム開発研究委員会の共同研究者として専門的な立場から参加していただいています。授業研究・教師教育・国語科教育がご専門です。ご自身が小学校教諭として取り組まれた経験をふまえて、研究者として学校現場からのカリキュラム開発や授業をふりかえり再構築する方法としての授業リフレクションについて様々な場面で具体的に提起しています。カリキュラムを創る 報告集Vには、澤本さんの講演記録が掲載されています。授業研究の方法についても教えていただけると思います。
 


C 6月24日(月) 午後3時15分研究会開始 
「ウェビング後の総合的な学習の時間指導計画の検討会観察+観察に基づく研究会」
          協力校  甲西町立落合小 
          共同研究者 奈須 正裕さん(立教大学)

 奈須さんは、旧国立教育研究所で様々な研究活動をされ、現在は初等教育をご専門にご活躍されています。これまでに、全国各学校での研究活動を支援してきましたが、神奈川県 大岡小学校で藤岡完治さん(京都大学)と取り組まれた研究実践は大変注目されています。学校改革やカリキュラム開発に向け、大岡小での経験から校内研究会そのものを改善していくことの必要性を提起しています。今回は、昨年の夏、奈須さんをお招きした落合小の校内研究会を参観の予定です。当日は、各学年やブロックでウェビングをかけてきた総合的な学習の指導計画について全体で検討する校内研究会を予定しています。理論・提言だけでなく、具体的な改善点や方法について学ぶ機会にしたいと思います。      


今回の参加について
 5月31日までにABCそれぞれ各校の参加上限に達しまし、〆切をさせていただき
ました。今回の参加校は校内研究会単位での参加がほとんどです。
A・・・船津小(7)
B・・・西嶋小(2)・増穂西小(3)・下山中(1)
C・・・田富北小(1)・大明小(12)・若草小(3)・南湖小(4)・豊小(6)
   西嶋小(2)・大嵐小(2)
今回、学校の行事などの関係で参加できなかった学校・先生方のためにもまたこれか
らも情報提供していきたいと思います。


 夏季休業中の校内研究会について計画を進めているかと思います。
校内研究会にかかわって研究者派遣などについてのお申し込みは、教育協議会事務局までお願いいたします。