山梨県教育研究所授業研究会 授業提供者及び協力校の公募

 教育研究所では昨年度、学校現場の実践研究と教育研究所カリキュラム開発研究委員会が連携し合う中で、「学校から立ち上がる公開授業研究会」として授業提供者及び協力校を公募し、甲府市立北新小学校、身延町立下山中学校で実施することができました。
 本年度は、「授業をひらき、校内研究会をひらき、共に学び合う」視点から「研究支援プロジェクト」として6月に2つの授業研究会(河口湖町立大石小学校・増穂町立増穂小学校)及び研究会(甲西町立落合小学校)を既に実施してきました。
 つきましては、別紙の通り、授業研究会を企画し、授業提供者及び協力校を公募いたします。貴校にてどうかご検討いただきますようよろしくお願いいたします。


 「公開研究会」のような大規模な研究会ではなく、日常の授業実践を提供していただき、校内研究会の単位をベースに希望した一般参加者とともに学び合う研究会です。
 6月に呼びかけました「研究支援プロジェクト」と全く同じですが、カリキュラム開発研究委員が参加し、協力していきます。

1.目 的  「授業をひらき、校内研究会をひらく中で共に学び合う」視点に立って、教育研究所の提起する授業研究方法を用いて、学ぶ機会とします。

2.主 催  山梨県教育研究所カリキュラム開発研究委員会

3.月 日  11月25日(月)または11月27日(水)

4.詳細について
(1)提供していただく授業
 「総合的な学習の時間」又は国語科の実践授業
(2)授業提供にかかわって
 公開授業研究会で問題提起していくような授業タイプではなく、日常の授業をご提供下さい。
(3)指導案について
 事前の詳細な指導案ではなく、形式、内容は規定しません。
(4)協力校の対応
 校内研究会をベースに、一般の参加者を募ります。準備・運営はできるだけ簡素な内容とし、教育研究所が対応します。ただし、準備・運営上の打ち合わせとして協力校の担当者と2回ほど打ち合わせをさせていただきます。
(5)研究会の運営
 「対話リフレクション+フリーカード法+討議」の形で教育研究所の方で運営します。
 カリキュラム開発研究委員会がサポートしますので、初めての方でも気兼ねなく、参加できます。

5.共同研究者  澤本 和子さん(日本女子大学) 望月 眞さん(中富中学校)

6.その他
 応募する授業者及び協力校が、選択できるよう二日間(どちらか)を設定しましたが、協力校の応募の状況により予定を変更する場合もありますので、予めご承知おき下さい。また、複数の学校がお申し込みいただいた場合には、希望に添えない場合もありますので予めご承知おき願います。

7.お申し込み  9月30日(月)までに各地区教育協議会事務局まで
         
8.公募の決定  〆切終了後、すぐに申し込みいただきました学校へご連絡します。

 詳細についてのお問い合わせは、山梨県教育研究所(電話055-222-1546 FAX 055-222-1558 y-kyoken@y-kyoken.comlink.ne.jp)までお願いします。


戻る