Q8.施設などについて教えて下さい。

 昨年度までの運営委員会でご承認いただき、本年度、拡張工事を行い、今まで手狭であった研究所も広くなりました。 
 書架の増設を行い、今までよりもたくさんの書籍や資料の閲覧が容易になりました。また、教材作成スペースとして大型テーブルの配置を行いました。ここでは、教材作成をはじめ、読書、打ち合わせなど自由に利用できます。

書籍・資料コーナー


教材作成スペース

 パソコンなどの機器についてですが、インターネットの利用が可能です。また、カラーページプリンターがありますので、カラー高速印刷が可能です。お気軽にお立ち寄りいただき、ご活用下さい。

Q9.他にどのような活用の仕方ができるのでしょうか。

@書籍・資料・調査データなどの閲覧と貸し出し
 自由に書籍の閲覧をしていただいたり、必要に応じて書籍などの貸し出しも可能です。書籍については、構成団体の山教組教文局のご協力で、所有の書籍を置いていただき、教育関係の月刊誌をはじめ、「教育課程」「総合的な学習」「子どもの権利条約」「平和教育」「人権教育」などを中心に書籍があります。また所報「創る」や各研究委員会報告書などの調査データの閲覧も可能です。

A講演会・研究会への派遣と講師・助言者の紹介
 講演会、教育センター研修会、支部研究協議会、各校校内研究会などへの派遣要請が増えてきています。校内研究会との連携も考えていますので、お気軽にご相談下さい。少しでも現場のお役に立ち、参加させていただくことで一緒に学んでいきたいと思います。
 また各学校などで企画する各講演会や研究会の外部講師の選定や連絡先などの相談もお手伝いしています。

戻る トップページへ